【レシピ紹介】チキンチェティナード

レシピ紹介
スポンサーリンク

 チキンチェティナード(Chicken Chettinad)は、南インド・タミルナードゥ州のチキンカレーです。特徴的なのは使用するスパイスの量。多種多様なスパイスをふんだんに使うので、非常に刺激的で力強いスパイスの香りを楽しむことができます。最近では東京都内のレストランでも食べることができるようになり、作る上で参考にできる機会が増えました。ミキサーを使うなど手間は少しだけかかりますが、是非とも作ってみていただきたい一品です。

オリジナルレシピでのご紹介です。

材料
・クミンシード…大さじ2
・フェンネルシード…大さじ2
・スターアニス…2個
・グリーンカルダモン…5個
・クローブ…10個
・シナモンスティック5cm…2本
・赤唐辛子…3本
・コリアンダーパウダー…大さじ3
・ブラックペッパーパウダー…大さじ1
・油…大さじ5
・みじん切りの玉ねぎ(中)…1個
・おろしニンニク…小さじ1
・トマト缶…1個
・ターメリックパウダー…小さじ1/2
・チリペッパー…小さじ1/4
・塩…小さじ2
・水…200cc
・鶏もも肉…1kg
・ココナッツミルク…1缶(400cc)
・カレーリーフ…10枚前後

調理手順:目安時間40分

① クミンシード大さじ2、フェンネルシード大さじ2、スターアニス2個、グリーンカルダモン5個、クローブ10個、シナモンスティック5cm2本、赤唐辛子3本、をフライパンなどで弱火で1分炒る。焦がしたらやり直しとなるので気を付けよう。

② 香りがほんのり出てきたら火を止め、すべてをミキサーに入れて1分間回して粉砕する。

③ ミキサーの中身を皿にとりわけ、そこにコリアンダーパウダー大さじ3、ブラックペッパーパウダー大さじ1を加える。

④ 煮込み用の鍋に油大さじ5を入れ、中火で熱する。数分熱し、油が温まってきたら玉ねぎみじん切り1個分を加え、色が付くまで10分弱炒める。

⑤ 玉ねぎの鍋におろし生姜、おろしニンニク各小さじ1を加え、焦げないようによくかき混ぜながら炒める。

⑥ にんにくの香りが立ちこめてきたら、トマト缶400g 1個を加え、中火~強火でよくかき混ぜながら水気を飛ばしつつ炒める。

⑦ いったん弱火にし、ターメリック小さじ1/2、チリペッパー小さじ1/4、塩小さじ1、②のパウダースパイスをすべて加える。

⑧ スパイスがトマトペーストになじんで来たら、火を止め、鍋の中身と水200ccをすべてミキサーにかける。完全にペーストになるまで、1、2分間回し続ける。

⑨ ペーストを鍋に戻し、水200ccと鶏肉1kg、ココナッツミルク400cc(1缶)を加え、中火でよく混ぜながら10分間煮込む。ミキサーについたカレーは水適量で一度ミキサーし、それごと鍋に加える。

⑩ 別のフライパンなどに油大さじ3を加え、中火~強火で熱する。熱がある程度通ったら、カレーリーフ30枚前後を加えさっと数十秒炒める。それを全て10分煮込んだ後のカレーの鍋に注いだら完成。

 ライスやパロタ(南インドの渦巻パン)と一緒に食べると美味しくいただけると思います。是非一度お試しください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました