【レシピ紹介】バターチキンカレー(定番)

レシピ紹介
スポンサーリンク

 バターチキンカレー(Murgh Makhani : ムルグ・マッカニー)は、トマトベースのルー(グレービー)にバターや生クリームなどが加わったクリーミーなカレーです。バターチキンカレーには、トマトやバター以外にもカシューナッツやカスリメティも使われています。発祥はニューデリーのMoti Mahalと言われています。日本のそれと比べると甘味はほとんどありませんでした。しかし今回は皆さまお馴染みの、日本で食べられている甘めでクリーミーなバターチキンカレーを再現してみました。

オリジナルレシピでのご紹介です。

材料(4人前)

カシューナッツ 80g
水…200ml×3
サラダ油…大さじ3
シナモンスティック5cm…1本
クローブ…3粒
グリーンカルダモン…5粒
ベイリーフ…1枚
おろしニンニク…小さじ1
おろし生姜…小さじ1
鶏むね肉…400g
トマト(缶)…400ml(1缶)
メースパウダー…小さじ1/2
塩…小さじ1
生クリーム…50ml
はちみつ…60g
バター…50g
カスリメティ…大さじ2

調理手順:時間目安40分

①カシューナッツ80gを沸騰したお湯(分量外)で5分間茹でておく。(茹でている間に②以降へ進む。)
②フライパンにサラダ油大さじ3を敷き、弱火で1分、ホールスパイス(シナモンスティック5cm本、クローブ3粒、カルダモン5粒、ベイリーフ1枚)を炒める。
③スパイスから泡が立ち、膨らんで来たら、ホールスパイスをフライパンから取り出し、おろしニンニク、おろし生姜(各小さじ1ずつ)をいれて焦げないように弱火でかき混ぜて炒める。
④鶏むね肉400gを軽く水で洗って一口大に切り、別のフライパン等でこんがり焼けるまで中火で炒めておく。(焼き方は自由)
⑤③の鍋にトマト缶1個(400ml相当)とパウダースパイス(パプリカパウダー大さじ1(任意)、メースパウダー小さじ1/2)、塩小さじ1、水200mlを加え、中火にして10分煮込む。
⑥①のカシューナッツの鍋の火を止め、ナッツを水200mlと一緒にミキサーで30秒混ぜてペーストにする。
⑦トマトを煮込んでいる鍋にカシューナッツペースト、水200ml、④の鶏肉を加え中火~強火で10分ほど、軽く沸騰した状態で煮込み続ける。(蓋をした際は途中でかき混ぜないとすぐ焦げてしまうので気を付けてください。)
⑧十分に煮込んだら弱火にし、生クリーム50ml、はちみつ60g、バター50g、カスリメティ大さじ2を入れ、なじむまで1分ほど煮込む。
⑨皿に盛り付けて完成。(ディスペンサーで生クリーム(分量外)をぐるぐるかけるとお店みたいになります!)

コメント

タイトルとURLをコピーしました